着物と浴衣の初心者向けガイド

Itomise:着物と浴衣の初心者向けガイド

アニメショー、桜、富士山を超えて、日本はその伝統的な歴史に対する果てしない愛と畏敬の念で知られています。西洋の文化への影響力が高まっているにもかかわらず、日本人は祖先が残したものを養うことに失敗したことはありません。これには、浴衣や着物の伝統的な服装が含まれ、今日まで彼らの生活の重要な部分を占めています。

ただし、日本人でない場合は区別がつきません。見た目は似ていますが、これらの伝統的な日本の服は、その歴史、起源、製造プロセスに関して微妙な違いがあります。それらの違いについてさらに学ぶために、以下を読み続けてください!

着物と浴衣の定義着物と浴衣

を区別する方法を学ぶ前に、まずそれらの定義を知っておく必要があります。彼らは歴史のどの時点で設立されましたか?浴衣や他の日本の伝統的な服とは一線を画す着物の起源は何でしたか?以下の説明をご覧ください。

着物とは何ですか?

日本の伝統的な衣服と見なされている着物という用語は、「気」(着物)と「もの」(物)という言葉に由来しています。通常、さまざまなスタイルとパターンがあり、日焼けなどのさまざまな生地を使用してT字型に手縫いし、帯と呼ばれるベルトで固定します。 

ファッションに関して言えば、何世紀にもわたって中国は日本の主なインスピレーションでした。幼い頃、この衣服は、最も伝統的な中国の衣服の1つである漢服のローカライズ版であると認識されていました。今日まで、着物は日本人の幸運と長寿の象徴と見なされています。それはまた、特に西洋人に関しては、日本のイメージでもあります。 

着物の人気の理由は、そのいくつかの層にもかかわらず、その実用性のためです。たとえば、冬の季節になると、シルクとコットンで作られた着物を着て、肌寒い天候から身を守りながら、スタイリッシュに見せることができます。 

現代の日本では今でも大きな意味を持っていますが、洋服が日本に紹介されたとき、その売り上げは大幅に落ち込みました。人々は、歴史に関連するイベントに参加しなければならない場合にのみ、それらを着用します。そして、地元の人が毎日それらを着ているのを見たことがあれば、それはより古い世代でしょう。 

、さまざまな種類があり 留袖ほうもんぎ振袖 ます など振袖は、ほとんどの未婚の女性が着る最もフォーマルなタイプの着物であると考えられています。かなり長袖で魅力的な柄なので見分けやすいです。結婚式、成人式、選挙に出席する必要がある場合に着用できます。 

浴衣とは?

浴衣は着物の一種ですが、よりカジュアルな服装とされています。通常は合成繊維でできており、体に巻いて帯と呼ばれるサッシュで固定したローブです。ほとんどの人が知らないのは、この衣服はもともと銭湯で洗った後に着た入浴布として作られたということです。地元の人たちが湿気を吸収して素早く着替える方法として使用しました。 

浴衣は通気性のある生地であるため、日本の温泉街でよく着用されています。これらの場所を訪れるとき、浴衣を着ると散歩がもっと楽しくなり、国の古代の歴史の一部であると感じることができます。

夏祭りが始まると、この服は人気のある服装になりました。何年にもわたってさまざまなデザインが作られているため、目の訓練を受けていない人は着物と浴衣を区別するのが難しくなります。性別によってもデザインされています。たとえば、男性用の浴衣は濃い色で作られています。一方、若い女性は通常、鮮やかな色と花柄の浴衣を着ています。 

違いを知る:着物と

浴衣浴衣と着物の定義がわかったところで、スタイル、素材、どのような機会に適しているかなど、違いについて学びましょう。下記をご覧ください

浴衣

を着ることができます。浴衣はカジュアルなため、夏のシーズンやお祭りや花火大会(花火会)などのイベントでよく着用されます。ただし、鮮やかな色や柄でお祭り気分になりすぎて、正式な儀式には着用できません。 

一方、着物は卒業式や結婚式などのフォーマルなイベントに着用されます。たとえば、友人の結婚式の日に出席する必要がある場合は、この衣服を着用することをお勧めします。日本の未婚の女性は、鮮やかな色の着物を着ることで、潜在的なパートナーを引き付けることができると信じています。

着物を着ることができるもう一つの機会は、葬式の間です。参加する必要がある場合は、国の伝統を尊重するために、黒く控えめなものを着用する必要があることに注意してください。一般的に モフコと呼ばれる特別なタイプの着物もあります。 家紋が付いているので、遺族のみが着用できます。 

素材

おそらく、2つの伝統的な服を区別する最も簡単な方法は、使用されている素材です。着物の場合、錦や絹でできており、浴衣にはない裏地が付いています。日本に来たことがあれば、着物は贅沢な素材や生地で作られているので、値段が高いことに気付くでしょう。彼らのパターンはまた、他の伝統的な服に比べてより複雑であり、儀式的な機会のための理想的なオプションになっています。

浴衣はもともと入浴用のローブだったので、ポリエステルや綿でできていて、着物に比べて安いです。しかし、特に伝統的な目的で作られた場合は、シルクで作られた浴衣を見つけることができます。 

素材以外にも、形の違いに気を配る必要があります。まず、首輪を見てください。浴衣は襟が硬く、半幅の寸法です。一方、着物は全幅の襟と柔らかな質感が付属しています。着物には通常、首に近い2つの襟があり、もう1つは十番の襟のすぐ下にあります。

さらに、あなたは彼らの袖の長さを見る必要があります。着物の袖は、年齢や参加する機会の種類によって異なります。配偶者のいない女性は、地面に触れることができるように非常に長い袖の着物を着ていることに気付くでしょう。ただし、浴衣は暑い時期に作られているため、袖が50センチを超えることはありません。

エチケットのルール: 浴衣と着物の

着方日本への旅行で浴衣や着物を着る予定はありますか?正しく使うための必要な方法は次のとおり

ゆっくり歩く

これらの日本の伝統的な服を着たら、ゆっくり歩くようにしてください。着物を着るときは、生地が足元や動きをわずかに制限するため、これは特に重要です。 

大きな歩幅で歩いたり、遊んだりすると、着物が飛んで開いて素足が見える可能性が高くなります。年月が経つにつれ、日本が近代化しつつある今、それは容認できるように思えるかもしれません。しかし、あなたがより古い世代からの地元の人々に出くわすとき、それはスキャンダラスで不快に見えるかもしれません。

着物や浴衣を着ているかどうかにかかわらず、食べるときは常に注意してください汚れると汚れが落ちにくくなります。こぼれたものが生地に届かないように、襟またはベルトの上にナプキンを置くことを強くお勧めします。 

姿勢

を整える着物を着るときは、座ったり、ひざまずいたり、立ったりするときは、姿勢を整えてください。、ベルト(帯) 正式な式典に出席するときに前かがみにならないように折り目がずれないように、大きな動きをしないように注意してください。 

さらに、特にお茶会に出席するときは、正式に座る必要があります。と呼ばれる小さな枕に座っている可能性があります 座布団 や畳の床に座ってください 正座 日本で最もフォーマルな座り方とされてただし、椅子に座るように言われた場合は、着物を下に押し込むことを忘れないでください。そうすれば、しわが寄りにくくなります。 

ここItomiseで高品質の着物と

する浴衣でも着物でも、Itomiseにはあなたが探しているものがすべて揃っています!さまざまなファッショナブルなデザインと素材を使用して、ようやくスタイリッシュに日本を訪れることができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。